06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

確定申告 

去年は収入が複雑だったので、確定申告に行ってきました。





 




正確には私の場合は確定申告というよりも、収め過ぎた税金を
払い戻してもらう「還付申告」という形となります。
 



kakuteisinkoku1.jpg
 
平成26年は5月末まで社会保険加入の仕事をしていて、その後転職、
しかし転職に失敗し、再び元の会社に戻り、その時は社会保険には
加入せず、自分で国民健康保険と国民年金を納めていました。
 
つまり5月までのA社と転職先B社、そして戻ったA社と源泉徴収票が
合計3枚になり、A社での再雇用が別の会社での収入扱いになるのか、
それとも前に居た頃の税金も計算されているのかが不明だったため、
状況が複雑になりすぎ、自分では全く分からなかったため聞く形にしました。
 
 
流れとしては、税務署が指定している申告会場に行き、整理券を貰います。
 
番号札を呼ばれた人から申告会場のあるフロアへ行き、書類一式をもらい、
一人ひとり状況等を聞いて、場合によっては計算してもらいます。
 
その後、パソコンと電子リーダーの置いてある場所へと移動し、そこで
源泉徴収票や収めた社会保険料等を打ち込んでもらい、算出します。
 
今日は国民年金と国民健康保険を収めていた時の領収証を持ってきて
いなかった為、概算で還付見積もりしてもらい、後日領収証を専用の
用紙に貼り付け、税務署に送り、間違いが無ければ還付振込みとなります。
 
自分でもよく分からない状況になってしまいましたが、社会保障費関連を
自分で収めていた期間があった為、その分の還付が少しあるようです。
 
 
郵送で可能ではありますが、また必要な書類が足りなかったらめんどくさいので、
確定申告の最終日である16日に申告会場に直接持って行こうと思います。


スポンサーサイト

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター