09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

北海道旅記録11 

神の子池~摩周湖までの記録です。





 








DSC00225.jpg
 
開陽台から次の目的地「神の子池」を目指します。
サムネイルだとわかりにくいけど、「牛」の文字を発見!










kamino4.jpg
 
神の子池に行くためには、ダートを2kmほど走らなければなりません
上の画像の場所からダート道に入って行きます。










kamino2.jpg
 
ダートといってもフラットなダートなので全然大丈夫でした。
むしろこの前走った国道439号のほうが酷かった気がします(









kamino7.jpg
 
神の子池へと続く道、周りは地元では味わえない大自然です。









kamino8.jpg
 
まるでゲームの世界に出てきそうな光景









kamino9.jpg
 
そしてついに姿を現した「神の子池」











DSC00244.jpg
 
青い、本当に青い神秘的な池です。
 
見た目はそんなに深くないように見えますが、
実は水深は5mもあり、透明度が高いので底までクッキリ見えます。









kamino10.jpg
 
ちょこっとカメラの設定をいじって神秘的な雰囲気で撮影



 
スマホは完全に圏外になっている大自然のど真ん中
 
しかし、この後あのダートを大型観光バスが通ってきて
神秘的なこの場所に大勢の観光客がワイワイガヤガヤと・・・。
 
うーん、ちょっとタイミングが悪かったなぁ・・・。









kamino6.jpg
 
帰りのダート道、ここで思わぬ誤算が
 
実は神の子池に続くダート入り口に到着10分ほど前に
燃料計が最後の1メモリになっていたんですよね。
 
神の子池までのダートは2km、往復4kmそしてナビで
最寄のガソリンスタンドまでの距離が8kmと表示されてたので
 
「神の子池行った後で給油しても全然大丈夫だね!」と思ってました
 
 


ところが・・・





帰りのダート道でいざナビを最寄のガソリンスタンドに設定して
ルートガイドを開始してみると・・・





「目的地まで38km」




・・・え・・・?





実はナビの最寄検索での距離は、地図での直線上での距離で、
実際に道を走ってたどり着ける距離ではなかったのです。
 



まずい・・・まずい・・・落ち着け










自分A「何あわててんだよ、ガソリンメーターが1になっても
     まだかなり残量には余裕があるのは知ってるだろう?」





自分B「いや、やべぇよ!だって大自然のど真ん中だよ!?」





自分A「そりゃね、北海道の大自然のど真ん中の森の中とかで
    ガソリンメーターが1残りだとかいう状況なら分かるけど」





自分B「だから、まさに今そういう状況なんだって!」





自分A「( ゚д゚ )ポカーン・・・」






kamino5.jpg
 
まずい、コレは本格的にまずい、おそらく最後の1メモリに
なってから既に8km以上は走っているはずだ・・・。
 
さらにダートが往復4kmだから燃費は悪いはず
 
さらにここからガソリンスタンドが40km近くとなると




ガス欠フラグ・・・。






とにかく、ナビを信じて時速60kmキープで可能な限り
燃費の良い走り方でガソリンスタンドを目指しました。




しかし、ここは試される大地「北海道」の大自然の中




しかも時刻は夕方過ぎ、ガソリンスタンドは24時間やってない




もし、ナビのガソリンスタンドがなくなっていたら?




もし、17時閉店とかで閉まっていたら・・・?








ただひたすら、ナビを信じて走り続けました。







本当にこんな場所にガソリンスタンドがあるのか?と思ったその時








DSC00261.jpg
 
ホクレンSS発見!(しかもフラッグありますの看板!)
 


ガソリンスタンドが見えた時、これほど安心したことは
今までのツーリング経験上初めてだと思います。
 
焦っていて写真を撮り忘れましたが、ここで
ホクレンフラッグの緑色をゲットしました。









kamino3.jpg
 
完全に暗くなる前に、最後に摩周湖に行くことにしました。
しかし、霧が深い、深すぎる!こんな濃い霧は初めてです。











DSC00273.jpg
 
何とか展望台に到着、しかし周りには誰一人としていません。









DSC00266.jpg
 
霧が深すぎて何も見えません、さすが霧の摩周湖










DSC00265.jpg
 
体が霧の中に吸い込ませそうな錯覚に陥ります









DSC00271.jpg
 
相棒、何も見えないなぁ、ちょっと残念だねっ







写真では明るめに写っていますが、実際はかなり暗いです。
この時の時刻が18時30分ぐらい、この後帯広を目指すことになります。
 
しかし、ここから帯広まで190kmもあることをまだ私は知らなかった・・・。



   ※つづく











スポンサーサイト

[edit]

« 北海道旅記録12  |  ヘッドホンかけ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://boryu21.blog.fc2.com/tb.php/33-db2531c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。