04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

急変時対応研修 

職場で患者の急変時の対応研修を受けました。





 






夜勤時に患者が急変していた時、まず何を確認するか、
どこに連絡をし、どう対応するか、を全員で確認しました。
 
看護師による研修だったのでとても役に立ちました。
 
万が一の時の備えというのは日ごろからシミュレーション
しているので、テンパることだけは避けなければなりません。
 
守秘義務の関係であまり詳しくは書けませんが、前回の
夜勤の時に急変に立ち会うことになりましたから・・。




isikireberujcs.jpg
 
写真は「ジャパン コーマ スケール(JCS)の意識レベル表です。
 
瞳孔の大きさや傷口の大きさ等を測るための定規もついており、
救急に電話する時に意識レベルを伝える際はJCSで良いようです。
 
裏には国際基準の「グラスゴー コーマ スケール(GCS)」がありますが、
日本では脳神経系の病院等で使われていることが多いようです。
 
後は心肺蘇生の方法、アンビューバック(人工呼吸用のツール)の
使い方、気道の確保方法等を学びとても勉強になりました。
 
これから先、患者の急変時に直面することは何度もあると思います。
生命に関わるので、普段から意識しておきたいと思います。

スポンサーサイト

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。