04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

地元写真記録4 

海遊館で一番有名なあの写真を載せてみます。





 





kaiyukan20.jpg
 
海遊館のメインの水槽「太平洋」
 
この水槽は、上から見ると「+」形になっており、順路はその水槽の
外周を周りながら降りていくという形になっています。









kaiyukan21.jpg
 
その水槽の主役である「ジンベエザメ」









kaiyukan22.jpg
 
写真では伝わらないかもしれませんが、とても大きいです。

他の魚が食べられそうな感じですが、ジンベエザメはとても温厚で
動きも素早くなく、普通のサメとはまた違ったイメージです。









kaiyukan23.jpg
 
他に大きい生き物といえば、マンタが泳いでいました。
マンタを見ていると、スーパーマリオ64の水のステージを思い出します。









kaiyukan24.jpg
 
この巨大な水槽を見てると、本当に自分が海の中にいるような感じです。









kaiyukan25.jpg
 
興味津々に水槽を見つめる旅のお供2匹。









kaiyukan26.jpg
 
この巨大水槽に使われているアクリルガラスの説明がありました。









kaiyukan27.jpg
 
厚さは30cmあるにもかかわらず、驚異的な透明度を保っています。
 
この海遊館の水槽の建設エピソードを描いたドキュメンタリー番組を
昔見たことがありますが、巨大水槽の実現は本当に大変だったようです。










kaiyukan28.jpg
 
最後はクラゲのエリアをとおり、触れ合いゾーンを通って終わりです。









kaiyukan29.jpg
 
触れ合いゾーンの下にある水槽から見えるアザラシ









kaiyukan30.jpg
 
この日は天気が非常に良く、外からの光が綺麗でした。
 
海遊館は自分が予想していたよりも非常に広く、ゆっくり周ったら
3~4時間はかかりそうなぐらい充実していました。
 
この日は時間があまり無かったため、足早に周りましたが、また
行く機会があれば、本当にじっくりと楽しんできたいです。
 
動物園と水族館、どちらが好きかといえば水族館です。
優雅に泳ぐ海洋生物の姿は本当に癒されますね。




スポンサーサイト

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。